2017年12月10日日曜日

妻の誕生日にウィーン金貨ハーモニーを買ってみた。田中貴金属工業での金貨の買い方まとめ!

 

■毎年プレゼントに悩む!

我が家は、結婚してから5年以上が経ちますが、毎年、妻への誕生日プレゼントは悩みます。
特に、我が家の場合は、本人に要望を聞いても、特にほしいものはないという答えなので、なおさらです。

子どもが生まれる前は、ブランド物などを贈っていましたが、今はそこまで欲しくなさそうです。
悩んだ挙句に今年たどり着いたのが金貨でした。

〔参考記事〕お金に困らない人生を過ごすには、金銭面のしっかりした配偶者が必須だ!





■ プレゼントに金貨を選んだ理由とは?

今回、妻への誕生日プレゼントに金貨を選んだ理由は、次のとおりです。
プレゼント選びにしては、夢のない、現実的なものが多いかもしれません。

・金貨は見た目が綺麗だ!
プレゼントに困った時は現金や商品券にしようかとも思いましたが、それよりも、金貨は見た目が綺麗なので、贈り物として喜んでもらえそうです。

・金貨は換金性が高い!
ブランド物などは使えば消耗しますが、金貨は価格変動はあるものの、イザという時の換金が高いです。

・投資好きの我が家にピッタリだ!
我が家は夫婦で株式投資をしていますが、金貨は投資対象にもなるし、投資好きの我が家に向いているプレゼントです。

〔参考記事〕魔法の杖はない。辛い話かもしれないが、投資元本は自力で貯めるしかない!



■金貨はどこで買えるの?

金貨を買えるので有名な場所は田中貴金属工業です。
ほかにも三菱マテリアルや百貨店などでも買うことができます。
また、宝石店やネットショップでも扱っているお店もあるみたいです。

今回は、初めての金貨の購入ということで、安心感を重視して田中貴金属工業で買うことにしました。
ホームページをみると、ネット注文⇒振込⇒郵送も可能みたいですが、早く手元にほしかったので実店舗に買いに行きました。

〔参考記事〕結婚はお金がかかるは嘘だ。結婚すれば貯金は増やせる!




■金貨の購入手続きは簡単だった!

金貨を買いに行くということで、少しドキドキしましたが、実際の購入手続きは簡単でした。
店舗入口のカッチリした警備員さんに金貨を買いに来たことを告げると、奥のエレベータで3階に昇るように教えてもらいました。

金貨・地金の販売・買取が3階でできるようで、待合スペースで待っていると、すぐに個別ブースに案内されます。
平日の午前中だったこともあって、店内のお客さんは、まばらでした。


・個別ブースで金貨の種類の案内
個別ブースでは、店員さんに「ウィーン金貨ハーモニー」と「メイプルルーフ金貨」を案内されました。
違いとしては、次のような点があるそうです。

「ウィーン金貨ハーモニー」
オーストリア造幣局が発行している金貨です。
造幣局が作っている無料の箱付きで、絵柄もバイオリン・パイプオルガンとお洒落なので、贈答向きだそうです。

「メイプルルーフ金貨」
カナダ王室造幣局が発行している金貨です。
こちらは箱なしなので、贈答の場合は、田中貴金属オリジナルの箱を別途買う必要があるそうです。





・金貨の種類を決めて購入希望書に記入
今回は贈答用なので、ウィーン金貨ハーモニーを買うことにしました。
購入希望書に、住所・氏名・購入目的を記入します。

もし、金貨の売却や、200万円以上の購入なら、身分証明がいるそうです。
また、200万円以上の売却の場合は、さらにマイナンバーの分かる通知書などが必要なので注意が必要です。




・金貨の重さを測定した後に支払い手続き
重さ1オンスの金貨を選んだので、実際に1オンス(31.1グラム)以上あるか、目の前で測ってくれます。
僕の買った金貨は31.11グラムでした。0.01グラムは得したのかな。

その後、支払い手続きになります。
超高速でお札を数える機械で数えてくれますが、僕の場合は約17万円と少額だったので1~2秒で数え終わりました。
最後に、贈答用の袋に納めてもらって、購入完了です。

〔参考記事〕誰でもできる。だらだら積立投資で配当金生活を実現しよう!




■金貨投資に対する考え方!

僕は、配当金や株主優待などのインカムゲインを重視した投資をしています。
ところが、金貨は、持っているだけでは、利息は期待できないので、利益を得るには、将来、金価格が上がることが必須となります。

そのため、金貨は、どちらかと言えば、資産を増やすよりも、資産を守るという側面が大きい投資先だと思います。
分散投資の一環として、資産の一部を金貨で保有するイメージです。

金貨は、見た目が綺麗で、さらに人を惹きつける不思議な魅力があります。
贈り物としては、消耗するものよりも、換金性も高いし、金価格が下がるリスクを踏まえても、良い選択肢になると思います。

〔参考記事〕バフェット氏なら集中投資で良いが、僕は未熟者なので分散投資するしかない!




気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


0 件のコメント:

コメントを投稿