2016年1月17日日曜日

財形貯蓄はメリットだらけ。本当に毎年100万円貯金できたよ!

 

■ 財形貯蓄とは、どんな制度なの?

働く人の勤務先が金融機関と提携して、給料やボーナスから天引きでお金を貯めることができる制度です。
目的別に「一般財形貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」の3つがあります。

このうち、年金と住宅の2つは最大550万円まで金利が非課税になります。
これは、財形貯蓄が国の法律に基づく制度であるメリットの1つです。

 ★一般財形
  ・使い道   : 車、結婚、教育など、目的を問わず使える
  ・積立期間 : 3年以上(3年以内の払い戻りも可能)
  ・年齢制限 : なし
  ・非課税枠 : なし

 ★財形住宅
   ・使い道   : 住宅取得、建替、リフォームなど
   ・積立期間 : 5年以上
   ・年齢制限 : 55歳未満
   ・非課税枠 : 財形住宅と財形年金の合計550万円まで金利が非課税

 ★財形年金
     ・使い道   : 年金としての定期的な受取
     ・積立期間 : 5年以上
     ・年齢制限 : 55歳未満
     ・非課税枠 : 財形住宅と財形年金の合計550万円まで金利が非課税


■ 最大のメリットとは?

金利非課税が財形貯蓄の最大のメリットか、というと、いやいや違います。

財形貯蓄をはじめるべき最大のメリットは貯蓄体質になれること。
給料天引きなので、本当にいつの間にかお金を貯めることができます。

さらに、お金の引き出しが制限される点も、実はメリットです。
住宅、年金はもちろん、一般財形貯蓄でも1年以内の払い出しは制限されます。

世の中のあま~い誘惑に負けそうになっても、ストップがかかります。


■ メリットを身をもって経験

社会人になってお金を稼ぐようになる一方で、誘惑もたくさんあります。
日常的な外食、インテリア、家電、車、パチンコなどなど。
そんなことにお金を使っていると、全然貯まりませんよね~。

僕も、社会人1年目は貯金ゼロでした。
当時、彼女とのデートでも、お金がなく、恥ずかしながら、彼女に借りたことも。
これで彼女に怒られたことをきっかけに、財形貯蓄をはじめました。

毎月の給料から4万5千円、夏・冬のボーナスから25万円ずつを天引き。

すると、全くお金を貯めれたんかったのが嘘のように、本当に簡単に毎年100万円以上を貯めることができるようになって、自分でも驚きました。
財形貯蓄と彼女に感謝です。そして、その彼女が今の妻です。


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿