2017年7月16日日曜日

「毎月分配型ファンド」と「高配当株」への投資を混同しないで!全然違うものだから!

 

■毎月分配型ファンドとは?

毎月分配型ファンドとは、文字通り、毎月分配金が貰える投資信託です。
たとえば、1万円を投資したら、毎月100円が貰えるような商品です。
1年間で計1,200円になるので、パッと見ると年利12%で、ものすごく魅力的に思えます。

ところが、問題は潜んでいるものです。
それは、分配金の一部(全部)が、投資した元本1万円のなかから出ていることです。

つまり、10,000円が11,200円に増えて、そのうち1,200円が分配されたわけではないのです。
元本から分配する自転車操業のようなもので、いずれ分配金を維持できなくなる公算が高いです。

〔参考〕連続増配が凄い!リース大手7社の配当利回り&株主優待は?





■ 高配当株とは?

上場企業は、日本だけで3,500社もあり、そのうち配当利回り3%以上の銘柄も多いです。
日本を代表する銘柄にも高配当株は多く、そういった企業に投資することで配当金を得ることができます。

もちろん、高配当株でも、稼いだ利益以上に配当している銘柄もあります。
そういったタコ配を繰り返す企業は、配当金の継続性の観点から、投資を避ける方が無難です。
むしろ、配当金を毎年増やす連続増配株から投資銘柄を選びたいですね~。

〔参考記事〕株の配当金なら利回り3%も当たり前。お金を少しでも増やしたいなら高配当株を買おう!



■ 配当金目的の投資自体は悪くない!

そもそも株式とは、株主からお金を出してもらう代わりに、稼いだ利益を株主に還元するものです。
配当金目的の投資は、税金面から不利とも言われますが、株式そもそもの趣旨に合致した投資方法と思い、僕は気に入っています。

大切なのは、あくまでも利益のなかから配当されていることです。
毎月分配型ファンドのように元本から分配されている銘柄は、手数料分だけ投資家が損をすることになります。

また、配当金の継続性の点からも、元本から分配されると問題です。
同じ配当金目的の投資からもしれませんが、「毎月分配型ファンド」と「高配当株」への投資を混同してほしくないです。

〔参考記事〕配当金生活には、連続増配株への投資が欠かせない!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング


1 件のコメント:

  1. はじめまして、オリックスについて調べていたところ、貴ブログへ辿り着きました。出来るだけ金利の高い「預金」を探していました。。
    ところで、毎月分配型ファンド・・家族が保有しております(^^;タンス預金、タコ足・・ですよね。なんで自分のお金を払い戻しているの?と不思議でなりませんでしたが、金利条件を受けるためにお付き合いで購入した投信です。金額を少なくしておいてよかったです。

    株式配当の恩恵をささやかでも受けたいと考え、お金の勉強をすることにしました。株式を選定し、購入するまでのプロセスも多分個人的には好きだと思います。まずはどうしたいのか、、、目的、目標を決めてから慎重に・・と思っております(^^ 

    更新を楽しみにしております。

    匿名にて失礼いたしました。

    返信削除