2017年5月14日日曜日

子どもの大学の学費はいくら必要か?僕の場合は一人暮らしを含めて1千万円だった!

 

■ 大学の学費は約500万円以上!

子どもにかかる教育費は、1人あたり約1千万円と言われますが、そのうち半分を大学4年間が占めます。
この大学で必要な500万円超をいかに乗り切るかが、子供の教育費を考えるうえで、大きなポイントとなります。

また、どの大学に進学するかで、大学の学費も大きく違ってきます。
たとえば、僕が住んでいる関西圏の大学の場合に必要となる学費の概算は、次のようになります。
特に、私立大学の医学部・薬学部は、ものすごいお金がかかりますね~。

★大阪大学法学部:
250万円(入学金30万円・授業料等55万円×4年)
★関西学院大学理工学部:
660万円(入学金20万円・授業料等160万円×4年)
★立命館大学薬学部
1,410万円(入学金30万円・授業料等230万円×6年)





■ 僕の場合は学費などで約1千万円だった!

大学に必要な学費を調べているうちに、自分の場合は幾らだったのか気になって計算してみました。

僕の場合は、関西圏の私立大学文系に通っていました。
入学金20万円、授業料110万円が4年間で、合計460万円となります。

これが全てかと思いきや、一人暮らしまでさせてもらっていました。
ワンルームマンションが月額6万円なので、4年間で約300万円となります。
さらに、生活費の仕送りも貰っていたので、こちらも月額6万円・4年間で約300万円でした。

これらの学費・一人暮らしの生活費をすべて含めると、大学4年間で約1千万円になります。
いまさらながら、本当に両親に感謝しないといけません。



■ 今度は自分が子供のために頑張らなきゃ!

子供1人あたり大学4年間で1千万円を負担できるかと言われたら、自分にそれだけの甲斐性があるか、自信は持てないです。
また、医学部とか薬学部とか、お金がかかる学部もあります。

そんななかでも、自分たち子どものために、お金を出してくれた両親を思うと、今度は自分が頑張らなきゃと強く思います。
きっと両親も自分がやりたいことを我慢しながら、お金を用意してくれたんだと思います。

限界はあるかもしれないけれど、子どもにはお金のことを心配せず、自分のやりたい進路を応援できるよう頑張ろうと改めて決意しました。

〔参考〕子どもの教育費、実質100万円の貯金をすれば大丈夫!



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1.  私の場合・・・
     子供3人が私立大。宿代・生活費。
     概算で4000万円。

     競馬の賞金を一人で出すようなものです。

    返信削除
  2. 家賃6万円に生活費6万円・・・
    すごいですね・・・
    こんな話を聞くと世の中とは熟不平等なものだと感じる。

    返信削除