2016年5月15日日曜日

人生の一番の貯め時は実家暮らし。窮屈かもしれないが、絶対に我慢すべし!

 

■ 社会人になると実家を出る人も多いけど・・・

実家暮らしは、家賃や光熱水費、食費がかからない人生で一番の貯め時です。
多くの場合、幾らか親にお金を渡すとしても、低コストで生活できます。

残念ながら、僕の場合は、実家が少し遠かったので、ずっと一人暮らしでした。
また、実家ぐらいは親に干渉されるので嫌がる人も多いです。
しかし、物理的に実家に住めるなら、多少窮屈な面があっても、ちょっと我慢できれば、その後の人生が大きく変わります。


■ 一人暮らしと実家暮らしは、どのくらい違うの?

大学卒の初任給は、約20万円くらいの人が多いと思います。
僕は、一人暮らしの時は、本当に頑張って、財形貯蓄で毎月約5万円を貯金していました。

 ⇒【過去記事】 財形貯蓄はメリットだらけ。毎年100万円以上貯金できる!

残りの約15万円のなかから、家賃7万円、食費3万円、光熱水費1万円などを負担すると、自由に使えるお金はほとんど残りません。

一方、実家暮らしの場合、親に5万円を渡しても、お小遣い5万円に加え、毎月10万円を貯金できます。
一人暮らしとの差は圧倒的に大きいです。
うまいことすれば、実家暮らしだと、30歳になるまでに1,000万円を貯めるのも可能だと思います。


■ 物理的に実家暮らしが無理な場合は?

実家が職場から遠すぎると、物理的に実家暮らしは無理かもしれません。
僕の場合は、実家が少し遠くて一人暮らしをしていましたが、世間よりかなり早めに結婚しました。

お金がないから結婚しないという話も聞きますが・・・
僕の経験では、結婚後も2人で働けば、一人暮らしを続けるよりも、断然お金が貯まるのです。

家賃や食費などの生活費は、2人で分担する方が効率的なのに対し、共働きだと収入は2倍です。
実家暮らしが物理的に無理な方には、特に結婚をおススメしたいです。



気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ


★関連記事★
・節約術や節約生活の記事はこちら♪
・貯蓄・貯金術の記事はこちら♪
・株主優待に関する記事はこちら♪
・高配当株に関する記事はこちら♪
・SBI債の発行情報はこちら♪
・ソフトバンク社債の発行情報はこちら♪
・トップページ

★おススメのブログ★
・1億円を貯めてみよう!chapter2
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

2 件のコメント:

  1. 確かに実家暮らしはお金が貯まりますね~
    20代前半で家が建てれるぐらい貯金出来たのも実家暮らしだったからこそ。
    ただ、お金を貯めると言う面では圧倒的に有利だけど、女の子や世間からの評価は散々でしたね。
    今でも『実家男子』って馬鹿にされているようですし・・・

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      たしかに、恋人としては一人暮らしの方が楽しそうですね~。
      ただ、結婚相手としては長い目で見ると、実家暮らしでもお金がある方がよいのかもと思います。

      削除