2015年5月25日月曜日

イオンの株主優待キャッシュバック。買い物金額の3%を貰う♪

 

「イオン(8267)」 から、株主優待返金引換証が届きました。

【 株主優待内容 】
■100株以上で、オーナーズカード(買い物3%割引など)
■2月、8月 権利確定銘柄
■最低投資額162,500円(100株・平成27年5月21日時点)


【株主優待の感想】
イオンの株主優待では、保有株数に応じて、買い物金額が3%割引になります。
今回の引換証は、昨年9月から今年2月までの半年分です。
返金額は1,152円でしたので、逆算すると、買い物金額は約3万円です。
我が家は大した金額ではありませんが、特に、イオンを日常的に使う方には魅力的な株主優待です。

【 企業情報 】
・純粋持株会社。
・傘下にスーパー、専門店、デベロッパー、金融。
・ショッピングセンターで集客。ダイエーを子会社化。

【 きびなごの格付け 】 C
〔A~Eの5段階評価で、Aが最高・Cが普通・Eが最低〕
・業績安定度:C
・財務安定度:D
・配当利回り:C
・割安度:C

【 投資指標からの分析 】
自己資本比率は1割台で、小売業は現金収支がプラスになりやすいとはいえ、有利子負債が約2兆円と少し多いです。
また、現在の株価は、PBR、PERからみて、特に割安感はありません。
一方、配当利回りは1%台で、株主優待とあわせると、魅力的な水準です。

【 業績からの分析 】
業績は、ほぼ横ばいで推移してきましたが、直近は苦戦気味です。
イオンは拡大志向が強く、新規出店だけでなく、M&Aを含め、非常に積極的です。

一方、国内のスーパー事業は曲がり角を迎えたと言われ続けています。
たしかに、イオンモールは、どこに行っても同じような造りで、新鮮味に欠けます。
たとえば、ディズニーランドのように、常に刺激を与えてくれる進化がないと、継続的なリピーターは確保できません。

スーパー以外の金融や専門店は堅調で、業績を底支えしてくれます。
また、好調なベトナム店舗のように、今後の海外展開にも期待したいですね。
2016年2月期は、会社予想では、前期比で、純利益は横ばいの見込みです。

【基礎情報】イオン(8267)
(平成27年5月22日時点)
・株価 1,625円
・PBR 1.13
・PER 33.37
・自己資本比率 14.8%【有利子負債多い】
・配当利回り 1.72%
・最低投資額 162,500円


気になる株主優待ブログがいっ~ぱい!
僕は、銘柄選びの参考にしています。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

★関連記事★
・日本株 保有株一覧♪
・株主優待 到着しました(*´∀`*)♪
・株主優待 新設・変更情報はこちらです♪
・株主優待 おすすめ銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 お米銘柄一覧をまとめました♪
・株主優待 金券銘柄一覧をまとめました♪
・トップページ

★オススメのブログ★
・The Goal 新ブログ
・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー

★その他のおススメ★
・株主優待ランキング

★ブログランキング★
・株主優待人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿